女の人

賃貸物件で安定収入

貯金箱

空室リスクに備える仕組み

賃貸アパートやマンションの経営で、ほとんどのオーナーが頭を悩ませるのは空室の問題です。空室期間は管理の手間や費用がかかる一方で収入はなく、特にローンを利用している場合には負担が大きくなります。一括借り上げシステムには、このような空室リスクが存在しないため、安定した経営を望む賃貸オーナーに選ばれています。一括借り上げは30年程度の長期間にわたって、不動産会社と契約を結び、入居者の募集や選定、家賃の徴収業務などをすべて委託する仕組みです。つまり不動産会社が賃貸物件を借り受け、個別の入居者に転貸する形になります。その間にたとえ空室ができても、家主は満室時と変わらない家賃を受け取ることができます。また家賃の滞納や不払いがあっても安心ですし、日常的な建物のメンテナンスなども不動産会社が代行してくれます。賃貸経営の手間が省けることは、一括借り上げシステムの大きなメリットと言えるでしょう。不動産経営の経験が少なく、入居者との交渉に不安がある方は、こうしたメリットを活かすことができます。なお30年の一括借り上げといっても、会社によっては2年〜10年程度で契約が見直されることがあります。契約の更新時には家賃が引き下げられたり、修繕費の支出を求められたりする場合があるので注意してください。一括借り上げの不動産会社を選ぶときは、契約書の内容をよく確認し、不明な点があれば納得できるまで質問することが大切です。